ロングパイル人工芝、ビッグターフ、砂入り人工芝、人工芝の施工 日本フィールドシステム  

   ホーム会社概要企業理念組織関連会社

 

当社は1928年の創業以来、運動施設建設工事専門業に従事し、
皆様の絶大なるご支援の下数多くのスポーツ施設を手がけてまいりました。

 1928年(昭和3年)
  • 運動場工事専門業「奥商会」として創業
 1947年
  • 「株式会社アンツーカ奥商会」として法人化
 1957年
  • 第3回アジア競技大会・国立競技場に「アンツーカネオ」が採用される
 1960年
  • 商号を変更
  • 【建設大臣登録 5115許可】取得
 1962年
  • 東京オリンピック主競技場・国立競技場走路に「アンツーカネオH」が採用される
 1969年
  • 国産初ウレタン系全天候舗装材「オールウェザーS」完成
 1972年
  • 【国土交通大臣許可(特-47)第181号】取得
 1979年
  • 商号を「日本奥アンツーカ株式会社」に変更
 2001年
  • 商号を「日本フィールドシステム株式会社」に変更
 2002年
  • 人工芝「ビッグターフ」発売開始
  • クレイ舗装改修「フィールドリフレッシュ工法」を開発
 2004年
  • ロングパイル人工芝「ビッグターフ66-POM」が、2005年岡山国体軟式野球会場、プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルス本球場に採用される
 2005年
  • 「ビッグターフ66-POM」が、京都宝が池運動施設球技場(ラグビー場認定第一号取得)、横須賀スタジアム(横浜DeNAベイスターズ2軍・本球場)外野に採用される
 2006年
  • JFA公認ロングパイル人工芝「ビッグターフ66-MIX」、テニス用砂入り人工芝「2段式BT-S」を販売開始
 2007年
  • 「2段式BT-S」が、平成20年埼玉県高校総体テニス会場、平成21年奈良県高校総体テニス会場に採用される
 2008年
  • 耐久安定性ロングパイル人工芝「ビッグターフXP-65」販売開始
  • 砂入り人工芝「BT-19」が、岩国市テニスコート(2011年山口国体テニス会場)に採用される
 2009年
  • 国内生産遮熱仕様「ビッグターフ65-M」販売開始
  • 「ビッグターフ65-M」が、灘崎町総合公園サッカー場に採用される
 2010年
  • 「ビッグターフXP-65」、ロングパイル人工芝用透水排水溝「フィールドドレーン」、観覧席「フィールドベンチ」が、平成25年東京国体会場に採用される
 2011年
  • 岩手県営総合運動公園陸上競技場第2種、前橋総合運動公園陸上競技場第3種、駒沢オリンピック公園陸上競技場第2種(ブルートラック)が、オールウェザーSエンボストラックで完成
 2012年
  • 遮熱型ロングパイル人工芝「ビッグターフ65-M」で、青森県五戸町ひばり野公園サッカー場(JFAロングパイル人工芝公認施設第116号)が完成
  • 「ビッグターフXP-65」で、岡山学芸館高等学校サッカー場(JFAロングパイル人工芝公認施設第122号)が完成
  • 再生可能エネルギー風力発電「風レンズ風車」販売開始
 2013年
  • 全天候舗装材「オールウェザー・エンボスS-NS」が、IAAF(国際陸上競技連盟)に認証される
  • 「アンダーパッド付遮熱型人工芝」で、政田サッカー場/ファジアーノ岡山・練習場(JFAロングパイル人工芝公認施設128号)が完成
 2014年
  • 「ビッグターフBT-19SE」が、備前テニスセンター(平成28年度全国高校総合体育大会ソフトテニス会場)に採用される。
 

Copyright (C) 2010 Nihon Field System. All Rights Reserved.