PRODUCT工法・製品

スポーツターフ敷設(サンドウィッチシート工法)

美しく安全で快適なスポーツターフ・グラウンドを形成。地域の気候風土に最適な種子を組み合わせます。

天然芝のグラウンドは、景観が美しいだけでなく、スポーツを楽しむために安全で快適でなければいけません。スポーツターフ敷設【サンドウィッチシート工法】は、芝種子をバランス良く配置しシートでサンドウィッチ状にして混播することにより、ムラのない均一なスポーツターフ・グラウンドを形成します。芝種子の種類も、「寒地型・西洋芝種子3種混合」を始め、地域の気候風土に最適な芝種子を組み合わせることができます。

「釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム」にも、その性能が認められ採用されました。

ロール形状なので施工が容易かつ経済的。広いグラウンドでも、スピーディーにバランス良く芝種子を配置することができます。

バランス良く芝種子を混播したサンドウィッチシートはロール形状になっているので、敷設の際はロールを転がしてシートを並べるだけ。とてもスピーディーに施工することができます。【サンドウィッチシート工法】で施工することにより、張芝など手間の掛かる作業と比べて、施工費を大幅に削減することができます。シートは水溶性(生分解性)で強度もある不織布なので、敷設から養生までの作業がとてもスムーズです。


  • サンドウィッチシート敷設状況


  • ロール状態(幅:W=1,200mm)

スポーツ施設に関するお悩みはまず、
日本フィールドシステムに
ご相談ください!