NEWSニュース

2022.01.13八戸市東運動公園陸上競技場を、第3種公認陸上競技場の公認更新のためリニューアルしました

青森県八戸市にある東運動公園陸上競技場を、この度、JAAF(日本陸上競技連盟)・第3種公認陸上競技場として、公認更新整備工事を行いました。
ウレタン舗装表面が経年による汚れで黒ずんでいましたが、全面的に表面を洗浄することにより、新設の陸上競技場のように生まれ変わりました。

ウレタン舗装の汚れていた表面は、【オールウェザーウォッシャー工法】で洗浄しました。
洗浄は、主にウレタン舗装に適したウレタン舗装専用洗浄機や自走式洗浄機で行います。
洗浄する順序や汚れを流す方向などにも配慮して丁寧に洗浄することで、見違えるほど綺麗な競技場になっていきます。

トラックで1番内側の1レーン部、直走路スタート部、走幅跳・三段跳助走路など、ウレタン舗装表面が劣化・摩耗している箇所は、経済的な【切削オーバーレイ工法】で補修しました。

また、直走路スタート部の特に摩耗の激しい箇所は、ウレタン舗装【オールウェザーS】を新設しました。
【オールウェザーS】は、日本国内で最初に生産されたウレタン系・全天候舗装材です。一年を通して最適なコンディションを維持し、耐候性・耐摩耗性などにも優れ、維持管理が殆ど不要です。
また、硬度の異なるウレタン材を重ねて構成する「多重弾性構造」になっており、アスリートに最適な舗装材として評価をいただいております。その優れた性能が認められ、World Athletics(世界陸連)製品認定証も取得しています。

今後も、理想のフィールドづくりを通して、豊かな環境作りに貢献してまいります。

スポーツ施設に関するお悩みはまず、
日本フィールドシステムに
ご相談ください!